もし非常勤勤務として働く事を考えているのであれば、どういった場所に需要があるのか。
あるいは、どのような場所なら好条件で雇い入れてもらえるのか、そういった市場動向に関する情報はやはり事前にリサーチしておく必要があるのではないかと思います。

これまで常勤勤務として働いていた方にとっては、イマイチぴんとこないような話になってしまうかもしれませんが、それはそれとして、今回ご紹介するお話をまっさらなイメージでしっかりと覚えておいて頂ければ、いざという時にどういった働き方が選べるのかということが”具体的に”イメージしやすくなるのではないかと思います。

それでは、非常勤勤務の医師が重宝される職場について、引き続きご紹介をしてまいりたいと思います。

〜好条件で働きたい方へのお勧め〜

まず最初にお話をしておきたいのは、診療報酬が高い科目がお勧めだという話です。
例えば、整形外科や訪問診療といった部分、あるいは眼科、精神科、小児科といった所も非常勤勤務における時給が高く、高待遇で働くことができるのではないかと思います。

また、その他には未経験者歓迎とされる科目、つまり医師が少ない科目においてはやはり良質な条件で選ぶことができるようです。
常勤とは違い、こういった科目における負担はかなり軽減されるものです。
そう考えてみれば、常勤医師としては少し避けたいような条件の所であったとしても、気兼ねなく選ぶことができるのではないでしょうか。

その他、募集が増えてきているものとして挙げるのなら、訪問診療が強いかもしれません。
2015年以降は、募集も安定してきており、40代後半以降のベテラン医師が勤務先として選ばれる傾向が強いようです。

健康診断も人気の高い職種の一つと言えますが、1人の医師がやらなければいけない仕事の寮が多いため、スポットでただ入ればいいという感覚で働き出すと、少々辛い部分が出てくるかもしれません。
これまでに健診に関する経験が十分におありなのであれば、健康診断に関するスポット勤務というのも非常に割の良い仕事となるのではないでしょうか。

最後、これは外せないのが夜間勤務のスポット、あるいは外来におけるスポット勤務です。
これらは非常勤という働き方をする上で外せないスポット業務と言えます。
というのも、やはりこういった働き方になると”かけもち”をして〜と考える方が多いと思うのですが、このような仕事は安定して求人情報が掲載されており、一つの選択として選びやすいのです。

外来なら一日に最大何人見られるのかなど、面接において確認される部分は多いかもしれませんが、あなた自身がそれなりに経験値を積んでいるのであれば、ぜひお勧めしたい一つの働き方と言えるでしょう。